>  > 攻め過ぎた。でも反省はしていない

攻め過ぎた。でも反省はしていない

調子にのって攻め過ぎました。マゾなんでしょうね。相手の風俗嬢のTちゃんに対して、ついつい調子に乗って攻めていたら彼女はどんどん濡れてきて、何度も何度も潮吹きをしてしまいました。シーツはおろかベッドの他の部分まで物凄いことになってしまって。これは次のお客は大変なことになってしまうんじゃないかと心配したくなるような程、部屋がびしょびしょになってしまいました。まるで水を蒔いたんじゃないかって思うようなレベルと言えばどれくらい凄いことになってしまったのか分かって頂けるかと思いますが、ただ自分はあくまでも普通に風俗を楽しんだだけなので、怒られることもありませんでした(笑)ただ、あそこまで凄い事になったのは自分としても初めてだったので興奮はしましたよね。多少潮を吹くくらいはありましたよ。でもあれはもはや吹くというよりも決壊したダムかのように、それこそ無尽蔵にどんどん出てきたんですよね。それだけでも興奮するじゃないですか。

やっぱり面白いからこそです

なんだかんだで、風俗にここまでハマってしまったのは面白いからこそなんじゃないかなって思っているんですよ。いろんなジャンルがありますけど、それらすべてに言えるのは風俗は女の子とのハーモニーじゃないですか。そこに大きな魅力があるような気がするんですよ。ハーモニーということは、誰を指名するのかによって全然違った展開になるということです。また、同じ子であってもその時の気分とかでも違ってきますよね。更にデリヘルであれば場所の問題もあるんじゃないですかね。ホテルか自宅かレンタルルームか。デリヘルにはいろいろな選択肢があるだけに、どこで楽しむのかによってもまったく違った展開が待っているんじゃないかなとも思うんですよね。こうしていろいろなジャンルがあるんだなってことを知ると、更に奥深いジャンルなんだなってことを知れるので、風俗の楽しさがより高まるんじゃないかなって。そういったことも含めて、自分は風俗が面白いんです。

[ 2017-05-12 ]

カテゴリ: 風俗体験談